過去のトップ画




K分校

NO.17  K分校 (静岡)



山奥で、ひっそりと朽ちている廃校です。

最後の授業から既に35年以上を経過。

佇まい、雰囲気とも申し分ありません。

自然の力で倒壊する日も遠くないでしょうが、

それまで此の環境が守られる事を願います。






Sパークホテル

NO.18  Sパークホテル (山梨)



某観光地の一角に建つ、白亜の洋館。

窓の外のガーデンテラスも、今は荒れ果てて

建物の中には黴の臭いが立ち込めています。

料理が評判のホテルだったのですが、

不景気の波には逆らえませんでした。






ブロックアート

NO.19  ブロックアート (神奈川)



何故こんな所に…発見時の第一印象です。

なんらかの計画跡だと思われますが、

今はペインター達のアトリエと化して

多くの落書きが粋を競っています。

個人的には自然の演出だけで充分ですが…。






伊豆○○鉱山

NO.20  伊豆○○鉱山 (静岡)



伊豆という処は、観光系だけでなく

産業系の廃墟も豊富に存在しています。

特に廃鉱は、有名・無名共に数多く

興味を惹き付けて止みません。

ただし深入りは…命有っての物種ですね。






天○製紙

NO.21  天○製紙 (静岡)



紙のまち、富士市に存在していた

かなり大きな製紙工場の廃墟です。

巨大な輪転機や攪拌釜などの機械類が

ほぼ其のままの形で残されていました。

現在は解体され更地となっています。






廃村 ○山

NO.22  廃村 ○山 (山梨)



廃村という割には比較的訪れやすい物件。

車道沿いに幾つもの廃屋が佇んでいました。

荒廃の具合からして、十年以上は

楽に経過しているものと思われます。

住民が戻る気配は…全く感じられません。






S発電所

NO.23  S発電所 (静岡)



苦難の末に辿り着いた発電所の廃墟。

川の畔に建ち、背後は急斜面の山という

アクセスの辛さは県内随一でしょう。

勿論それだけの苦労に値する物件でもあります。

産業遺跡という言葉が実に良く似合う…。






某石丁場跡

NO.24  某石丁場跡 (静岡)



小さな入り口の先に広がる、巨大地下空間。

そこはトロッコの行き交う石丁場の廃墟でした。

まるでRPGのような光景に目を奪われますが、

墜落や崩落などの危険度も非常に高い物件です。

最奥で照明が切れたら生きて帰れないでしょう。







NO.1〜8   NO.9〜16   NO.25〜32   NO.33〜40
NO.41〜48   NO.49〜56   NO.57〜64   NO.65〜72
NO.73〜80   NO.81〜88   NO.89〜96   NO.97〜104
NO.105〜112   NO.113〜120   

戻る
TOP
inserted by FC2 system