過去のトップ画




鉄骨マンション

NO.1  鉄骨マンション (静岡)



記念すべき初代のトップ画像です。

青空と鉄骨の組み合わせが、私的にお気に入り。

伊豆には未成の廃墟が数多く存在しますが

此処の規模と雰囲気は出色でしょう。

穴など物理的には危険な物件なので注意。






某レジャーランド跡地

NO.2  某レジャーランド跡地 (静岡)



今は某社の所有地となっている遊園地の跡地。

ほとんど何も残されていない荒野の中で

唯一発見できた遺構が此のプールでした。

おそらく今後も此のプールは、

誰も居ない山中で佇み続けるでしょう…。






ペンション Sハウス

NO.3  ペンション Sハウス (山梨)



あまりにも危険な、崩壊系廃ペンション。

外観は普通なのですが、一旦中に入ると

階段が崩壊、壁や床には大穴が。

ふと天井を見上げると其処にはアスベスト…。

命知らずな方に御勧めの物件です。






真○水族館

NO.4  真○水族館 (神奈川)



密かに再訪を期していた真○水族館。

ようやく訪れてみると、そこにはもう

かつての姿は残されていませんでした。

残された石階段が虚しい…。

廃墟の終わりは不意にやって来るのです。






H 高原学園

NO.5  H 高原学園 (神奈川)



廃校というと木造の校舎が想像されますが、

近代的な校舎に忍び寄る廃というのも

なかなか乙なモノではないでしょうか。

この物件は既に解体されています。






ベル○ュー富士

NO.6  ベル○ュー富士 (静岡)



夕陽を浴び、緑の絨毯が黄色に変わります。

景色の良い峠の頂上付近に在る物件。

外では夕陽と富士を被写体に、

カメラマンが撮影を行なっていました。

廃墟という被写体は眼中に無いようです…。






M 鉱山

NO.7  M 鉱山 (静岡)



目的は登山のはずが、つい足を伸ばしてしまい

見上げれば其処には選鉱所の跡。

現役時代の勇姿に想いを馳せつつも

今の虚しい姿には更に惹かれてしまう。

なかなかどうして表現し難い感覚です。






東海道本線 旧線

NO.8  東海道本線 旧線 (神奈川)



コンクリートの窓から垣間見える相模湾。

東海道本線が此処を通過しなくなってから

既に30年以上が経過しています。

時の経過は猛烈な薮を生み出して、

探索者の行く手を阻み続けるでしょう。







NO.9〜16   NO.17〜24   NO.25〜32   NO.33〜40
NO.41〜48   NO.49〜56   NO.57〜64   NO.65〜72
NO.73〜80   NO.81〜88   NO.89〜96   NO.97〜104
NO.105〜112   

戻る
TOP
inserted by FC2 system