過去のトップ画




Hスイミングスクール

NO.73  Hスイミングスクール (栃木)



廃墟のプールは全国各地に数あれど、

スイミングスクールとなると珍しい。

夏の青空をバックに、赤青緑と色彩豊か。

外観のインパクトは相当なもので、

久しぶりに深く見入ってしまった物件。






ホテル J

NO.74  ホテル J (静岡)



森に囲まれた陰気臭い廃モーテル。

年代を感じる内部には光が通らず、

手探りで二階へと上がり、扉を開いた。

湿気で傷んだ部屋に残るのは、天蓋付きのベッド…。

廃墟美と可笑しさは、時に同居するもの。






Nロッジ

NO.75  Nロッジ (静岡)



若者達が大いに利用していたであろう当施設に、

今は自分の足音だけが虚しく響いている…。

特に記憶に残ったのは、このカラフルな廊下。

闇の中で怪しく光る小窓が印象的でした。

デザインの凝った建物は、廃れてもまた良いものです。






ホテル G

NO.76  ホテル G (新潟)



外観から漂う北欧ロッジ風のイメージは

エントランスホールにかけても失われていない。

吹き抜け天井にシャンデリア、赤絨毯の階段と

雰囲気が良く、廃墟にしておくのは勿体ない気も。

景気悪化や地域衰退の前には、個の力も及ばない…。






Kホテル

NO.77  Kホテル (???)



取り立てて特徴の無いホテル廃墟ですが、

このホールは入った瞬間に息を飲みました。

その訳は、あまりに色の無い空間だったから。

カラフルな廃墟と違い写真映えはしませんが、

廃墟の寂しさや虚しさを改めて実感できる物件です。






O楼

NO.78  O楼 (愛知)



廃墟の外観を構成するものとして、

黒ずんだコンクリートは欠かせませんね。

ちなみに当物件は、正面から全体像が

撮影できず、裏側から撮影を行いました。

川の濁流が廃墟の禍々しさを増幅させています。






廃村 O

NO.79  廃村 O (山梨)



狭く細い山道を車で延々と進み、

更に徒歩で不明瞭な道を辿ること1時間ほど。

ようやく見つけた、暮らしの面影…。

全戸離村から既に40年以上が経過し、

ノスタルジーを存分に味わえる物件です。






W園

NO.80  W園 (石川)



廃墟と植物は、切っても切り離せない関係。

日常ありえない箇所に植物が進行する事が、

廃墟としての証明であるとも言えます。

当物件においても、ロビーの一角を植物が占拠。

廃墟美の一言で済まない、双方のせめぎ合い。







NO.1〜8   NO.9〜16   NO.17〜24   NO.25〜32
NO.33〜40   NO.41〜48   NO.49〜56   NO.57〜64
NO.65〜72   NO.81〜88   NO.89〜96   NO.97〜104
NO.105〜112   NO.113〜120   

戻る
TOP
inserted by FC2 system