過去のトップ画




ホテル SR

NO.113  ホテルSR (静岡)



とある海岸沿いに建つ、有りがちな廃ホテル。

ホテル本体よりも、離れの露天風呂に

向かう途中で見掛けた、謎の光景が気になる。

中華庭園から眺めるのは、背高ヤシと太平洋。

ミスマッチな空間に、黒雲が花を添えていた。






ホテル ○OO

NO.114  ホテル ○OO (三重)



他と違う独自性を持つのは結構な事ですが、

それが客に受けるかどうかは内容次第。

このホテルも、動物園をコンセプトに

当初はカップルの話題を攫ったものの、

飽きられるのも早く、結局は廃墟という結末に…。






朝陽射す廃SC

NO.115  朝陽射す廃SC (???)



小さな町の中で、唯一とも言える複合商業施設。

営業当時は大勢の客が訪れ、館内には談笑が溢れ、

皆それぞれが、良き買い物を楽しんでいた。

だが冬の或る日、突如店舗前に休業の貼り紙が。

以降この施設は、永き廃墟の路を歩む事となる…。






NDL

NO.116  NDL (奈良)



急遽何かに誘われたかのごとく、訪問を思い立ち、

夜を徹して高速を飛ばし、やってきた件の物件。

有名な廃墟には訪問意欲が湧かない私ですが、

さすがに消滅も近いとなると、それは別の話。

何だかんだで、やっぱり素晴らしい物件でした。






廃旅館 K

NO.117  廃旅館 K (山梨)



いつのまに車道は消え、小路を進むこと数分。

小川に掛けられた、小さな朱色の橋の先には

木漏れ日に照らされた、旧い木造の廃旅館が。

質素ながらも、静かで落ちついた雰囲気は

居心地が良く、つい長居してしまいがち。






さ○かぜ荘

NO.118  さ○かぜ荘 (静岡)



消えていく廃墟が多い中で、未だ残る物件。

初訪問から現在まで10年以上が経過し、

当初のあっさり感は消え、熟成度が増している。

時期により、蔦の紅葉と夕陽のコラボで

部屋が真っ赤になるという、嬉しい誤算も有り。






廃レジャー施設

NO.119  廃レジャー施設 (???)



TOP画像として2度目の登場となる当物件。

世界の有名建築だけでなく、日本の歴史的建築も

このように放置され、すっかり廃墟テイストに。

国宝として未来永劫残されるべきである建物が

まさかの廃墟に…、実現して欲しくない未来です。






K小学校

NO.120  K小学校 (三重)



昭和の雰囲気が今も残る、小さな漁村。

その山手側に在る小学校は、もう10数年も

前に休校となり、校舎はただ朽ちていくばかり。

其の内部は、生徒達が遺した思い出の品で溢れ、

誰しもが、切ない気持ちに包まれてしまう訳で…。







NO.1〜8   NO.9〜16   NO.17〜24   NO.25〜32
NO.33〜40   NO.41〜48   NO.49〜56   NO.57〜64
NO.65〜72   NO.73〜80   NO.81〜88   NO.89〜96
NO.97〜104   NO.105〜112   

戻る
TOP
inserted by FC2 system