過去のトップ画




菊○ホテル

NO.9  菊○ホテル (静岡)



伊豆随一の迷宮系巨大廃ホテル。

私の危機センサーは、此処で磨かれました。

崩壊が激し過ぎる為、全てを回る事は

物理的に不可能な物件です。

残念ながら既に解体されています。






ガ○バー王国

NO.10  ガ○バー王国 (山梨)



負のイメージを払拭する為、むりやり造られた

レジャーランドの結末は…やはり廃墟でした。

広大な王国に、ひとりぽっちの自分。

ちなみに写真の箇所は屋内劇場です。

ここも既に解体されています。






某レジャー施設

NO.11  某レジャー施設 (静岡)



私の廃墟歴は、此の物件が全ての始まり。

此処を見つけた事が良かったのか、

それとも悪かったのか…よく判りません。

そういった意味で、この物件は

成るべくそっとしておこうと思います。






○○高原ホテル

NO.12  ○○高原ホテル (静岡)



温暖な静岡では珍しく雪が降る中での撮影。

冬の寒空と黒ずんだコンクリートが

微妙に良くマッチングしています。

現役施設内にある物件の為、

近付く事は容易ではありません。






未成マンション R

NO.13  未成マンション R (山梨)



残雪を踏みしめて歩く其の先には

城壁のように巨大な未成マンションの姿が。

これほどの物件が知られていないとは

山梨も相当に奥が深い…。

今後の更なる熟成に期待。






和風旅館 H

NO.14  和風旅館 H (神奈川)



朽ち果てつつある高級和風旅館。

相当に危険な物件ですが、それを超えて

有り余る魅力を持つ物件でもあります。

いつまで此の状態が続くか、おそらく

そう長くは持たないでしょう…。






敬○山荘

NO.15  敬○山荘 (静岡)



雰囲気・規模・年季、どれを取っても

平均以上の優良物件と言えるでしょう。

長い階段の先に建物があるため、

解体はかなり難しい物件でもあります。

デザインは著名な建築家だとか…。






HMランド

NO.16  HMランド (静岡)



とんでもない立地条件の廃別荘群。

安息を求めて物件を購入した人達は、

果たして現状をどう思っているのだろう。

谷際の傾斜地は日影と湿気だらけ、

値段の安さと伊豆ブランドが売りの物件。







NO.1〜8   NO.17〜24   NO.25〜32   NO.33〜40
NO.41〜48   NO.49〜56   NO.57〜64   NO.65〜72
NO.73〜80   NO.81〜88   NO.89〜96   NO.97〜104
NO.105〜112   

戻る
TOP
inserted by FC2 system